版画魂INFOMATION>>版画>>版画用紙>>和紙


版画用紙
 
版画用紙は作品にとっての大事な一部となります。
また、紙の地の色は版画の白色として扱われることが多く、版画用紙の色を選ぶ際に気をつけたほうが良いでしょう。
刷る紙によって同じ版画でも印象が変わってしまいます。その版画に適した紙を選びましょう。
下記の紙の他にも日本には多数の製紙所があります。調べてみると良いでしょう。



版画用紙(和紙)

木版画には和紙が多く用いられています、また銅版画、リトグラフでも雁皮紙等で刷られることがあります。
木版画に用いる場合、一般的には礬水(ドーサ)引きを施してあるものを使用します。
礬水(ドーサ)引きとは、膠(にかわ)と明礬(みょうばん)を溶かした水溶液を紙に薄く塗って、
絵の具のにじみを止めることを言います。膠と明礬の配合の分量によりその効果を調節することが出来ます。
ドーサ引きをしてない紙を使用して水性木版をすると、絵の具がにじんでしまいますので、
特にこだわりの無い限りドーサ引きの紙もしくは自分でドーサを引いて私用するのが良いでしょう。



版画用紙(和紙)の原料

楮(こうぞ)

楮は代表的な和紙の原料で桑科の植物で、その皮の繊維(靭皮繊維)から和紙造られています。
楮の皮の繊維は、麻に次いで長く繊維が絡み合う性質が強く、その紙は粘りが強く揉んでも丈夫な紙となるそうです。

主な楮紙
奉書(主に福井県)・杉原紙(兵庫県)・西ノ内(茨城県)・美濃紙(岐阜県)・泉貨紙(愛媛県)


雁皮(がんぴ)

和紙の原料のひとつで歴史的にも古く、じんちょうげ科のの植物でその靭皮繊維から和紙作られています。
雁皮から作られた紙肌は滑らかで、独特の光沢を持っており、濡れている状態でも非常に強い強度を保ちます。
銅版画では画面の部分だけ雁皮紙を用いて刷る雁皮刷りという方法があり、非常におもしろい効果が得られます。
雁皮は栽培が困難で自生のものに頼らざるをえなく、ごくわずかしか生産できません。
楮紙と混ぜて漉くことも多く、繊維の長さは4〜5ミリです。



三椏(みつまた)

和紙の原料のひとつ。じんちょうげ科のの植物でその靭皮繊維から和紙造られています。
日本の紙幣の原料にも使用されています。雁皮(がんぴ)の代用として開発された独特の紙です。


その他の原料

麻、わら、桑、竹、木材パルプ等




代表的な版画用紙(和紙)


奉書紙

室町末期より作られた、楮を原料とした純白の和紙。強靭で厚味もあるので、浮世絵版画にもよく使用されました。
本来楮を原料としていますが、最近ではパルプを少量混ぜたものも作られています、
奉紙は手漉きと機械漉きがあり、それぞれ厚手と薄手があります。
また大奉書紙の大というのはサイズを示しています。越前和紙の生漉奉書等が有名です。


雁皮紙

雁皮から作られたごく薄い紙で、濡れている状態でも非常に強い強度を保ちます。
染色されたものもあり、色々な産地があります。
銅版画やリトグラフ、木口木版等で雁皮紙を用いることがあります。


鳥の子紙

雁皮を主原料とし、その滑らかな肌合いと色が鶏の卵に似ているところから鳥の子と呼ばれるようになりました。


新鳥の子紙

主原料がパルプ、機械漉きのものを新鳥の子と言い、比較的安価で購入できます。


越前和紙

今から1500年程前、この地域(福井県越前市)岡太川に美しい姫が現れて紙漉きの技を教えたと伝えられています。
生漉奉書、越前鳥の子紙等質の良い和紙が多いと言われています。


土佐和紙

土佐鳥の子紙に代表される主に土佐こうぞを原料とする紙で平安時代より全国に名が知られるようになりました。
また、高知県手すき和紙協同組合では高知国際版画トリエンナーレ展を主催しています。


細川紙(小川和紙)

細川紙は紙の強靭な楮紙で、耐久性がよく埼玉県比企郡小川町および秩父郡東秩父村で作られています。
原料は主に群馬楮を使用しています。
東秩父村和紙の里では細川紙の紙漉き体験をすることが出来ます。


西ノ内(西の内)和紙

有名な楮紙のひとつで、江戸時代は水戸藩の専売品で西ノ内(現在の茨城県常陸大宮市)という地名より
名づけられています。烏山和紙のひとつ。


程村紙

程村紙は原料を那須楮製とした厚紙で古くは烏山藩藩札、書画用に使用され、
現在は版画用、賞状用として用いられています。
産地が烏山下境程村の地だったということより名づけられています。烏山和紙のひとつ。


烏山和紙会館で西ノ内(西の内)和紙、程村紙の手漉き体験、歴史等が学べるそうです。


阿波和紙

阿波の特産物の楮等を使用した和紙。
阿波和紙の活動の中心である(財)阿波和紙伝統産業会館(アワガミファクトリー)では
様々な教室、ワークショップ等が開かれている。


福井紙

福井県を産地とする、石版画(リトグラフ)に特化した紙。
溜め漉きと言う厚い紙を漉く場合に使う手法で漉かれています。


MO版画紙

沖茂八氏の頭文字から名称が付けられた銅版画に特化した和紙です。
手漉きの版画紙です。



この他にもたくさんの和紙の産地、種類、があります。
自分の作品に合う和紙を探して見るのも楽しいでしょう。






参考サイト

版画用の和紙を購入できるお店

小津和紙博物舗 東京日本橋。種類も豊富、予約で手漉き体験も。

山田商会 東京都中央区八重洲。版画用和紙だけでもかなりの種類の取扱い。実費で版画用和紙カタログ取り寄せ可

ウッドライクマツムラ 東京都練馬区。木材店。木版画用具の取り扱いが豊富。和紙は25種程。

紙の温度 版画用和紙の取り扱いが豊富。一部洋紙も取り扱っている。

山喜製紙所 福井県今立郡。越前和紙製紙所。木版画に適した摺りやすい和紙を作っている製紙所。

阿波和紙 -Awagami Factory- 徳島県吉野川市。阿波和紙商工業協同組合。版画家には和紙無料サンプルも。

株式会社ミューズ 昭和35年創業、高級画材専門用紙の販売会社。多数の紙を取り扱っています。

紙舗 直 東京都文京区。国内外の手漉き和紙各種を取り扱っている。和紙が好きなら足を運ぶべき。


和紙関連サイト

全国手すき和紙連合会 全国400戸の組合員が加盟するの手漉き和紙業者連合会。詳しい和紙の紹介。

Kansai Window 関西の情報サイト。和紙の解説、情報あり。

高知県手すき和紙協同組合 土佐和紙の和紙協同組合。高知国際版画トリエンナーレ展を主催。

東秩父村和紙の里 細川紙の歴史、文化を学べる。紙漉き体験もすることが出来る。

烏山和紙会館 西ノ内(西の内)和紙、程村紙の手漉き体験、歴史等が学べる。

五箇山和紙の里 五箇山の和紙の紙漉体験や五箇山の歴史と文化を体験することができる。

和紙の博物館 わしの情報が豊富。学芸員さんが運営している個人サイト。




PRINT MAKING PAPER  洋紙

消しゴム版画・消しゴムはんこ

INFOMATION | WHAT'S HANGA | GALLERY |
EXHIBITION | BOOKS | PAPER | PROFILE|
CONCEPT | LINK |
GUEST BOOK | CONTACT&FAQ |

版画魂

Copyright (c)  Hanga damashii All rights reserved.