版画魂INFOMATION>>版画>>版画用紙




版画にとって紙は作品にとっての大事な一部となります。
版画の命の一部といっても過言ではないでしょう。
紙の白色は版画においての白色と使われ、一色として数えられます。
洋紙は主に使用されている、べランアルシュ、BFK、ハーネミューレ等の他にも様々な国の様々な紙があります。
和紙においても日本全国に製紙所があり、数多くの種類があります。
刷る紙によって同じ版表現でもガラッと印象が変わってしまうことがあるので
たくさんの種類の中より、その版画に適した紙を選びましょう。
また、版画用紙の他にも水彩紙、アート紙など版画紙として使えるものが多数存在します。
雁皮紙などを使用すると作品に厚みを持たせることも出来ますので使用してみるのも良いでしょう。



版画用紙(洋紙)




洋紙についてはこちら



版画用紙(和紙)



和紙についてはこちら
紙の単位(米坪、連、連量)

坪量(米坪)
1平方メートルあたりの紙1枚の重量のこと。
重量単位にはグラムを用い、g/uと表示します。
同じ銘柄の紙の場合、坪量が大きくなるほど、厚い紙といえます。ただし、紙の種類は豊富でその密度も様々です。

連(れん)
連とは、枚数を表す単位で紙を扱う上で常に使用され、
1連とは一定寸法に仕上げられた紙1,000枚(板紙の場合は100枚)のことで、紙取引の基準となる枚数です。
1,000枚以下の場合は小数点を使い、2.5連(2,500枚)などと表示します。

連量
連量(れんりょう)とは、一定寸法に仕上られた紙1,000枚(1連)の重量のことで、キログラムで表示します。
紙の目・紙の寸法表示

紙には繊維の向き指す目と呼ばれるものがあります。
紙を作る際に繊維が並びます。その並んでいる方向を紙の目 といいます。紙を破いた時に
・破きやすい方がタテ目。(T目)
・破きにくい方がヨコ目。 (Y目)
紙を水に浮かべた時に
・カールしていく方向がヨコ目。 (Y目)
・その垂直方向がタテ目。(T目)
本を作るときにこの紙の目が重要となってきます。
もし逆の目の本を作ってしまうと、それは非常に読みづらい本になってしまうからです。

紙の寸法表示の決まりがあり、縦横の長さをmmを使用して表示し、その際必ず紙の横の寸法を先に表示します。
「ヨコ寸法×タテ寸法」
小さい数字×大きい数字→タテ目の紙
大きい数字×小さい数字→ヨコ目の紙となります。


  版画の構造・歴史・現在   版画の種類について
  主な版種  木版画   リトグラフ   銅版画   シルクスクリーン
  オリジナル版画の定義   サインについて   新しい技法について
  版画用紙   サイズなど   版画いろいろ 

  INFOMATION -版画魂CONTENTS

消しゴム版画・消しゴムはんこ

INFOMATION | WHAT'S HANGA | GALLERY |
EXHIBITION | BOOKS | PAPER | PROFILE|
CONCEPT | LINK |
GUEST BOOK | CONTACT&FAQ |

版画魂

Copyright (c)  Hanga damashii All rights reserved.