Whats版画 版画 版画の種類 木版画 リトグラフ 版画用紙 版画いろいろ

版画魂INFOMATION>>版画>>版画の種類
フレーム付きのページへはこちらからどうぞ。
版画>>版画の種類
 版画の種類について
版画は大きく分けて下記の4種類に分けることができます。
 凸版   relief printing  凹版   intaglio printing

木版画
リノカット
イモ版
消しゴム版画など

浮世絵や皆さんもお正月に作ったことがあるかもしれない芋版など、もっとも日本人になじみのある技法です。

銅板画・・・
ドライポイント
メゾチント
アクアチントなど

15世紀初頭ヨーロッパで開発された技術で、たくさんの技法を生み出しました。銅板画に用いられます。
 平版   planographic printing  孔版  stencil printing

リトグラフ
オフセット
コロタイプ

現代でも用いられてるオフセット印刷は18世紀末にドイツのゼネフェルダーによって開発されたリトグラフを基にして発展させたものです。

シルクスクリーン
ステンシル
謄写版

このなかでは一番歴史の浅い技法です。年賀状などで使うプリントゴッコも孔版に属します。
版画>>版画の種類>>凸版
 凸版   relief printing
木版画 ・リノカット ・イモ版 ・消しゴム版画など

浮世絵や皆さんもお正月に作ったことがあるかもしれない芋版など、もっとも日本人になじみのある技法です。

彫っていない面(版の凸部)に絵具をのせて、
上から圧をかけることにより、それを刷りとる技法です。
 木版画  wood blook

木を彫刻刀などで彫リ、凸部分を作り、インクをのせ刷ります。
みなさんも小学校の美術の時間などでやった経験があると思います。
 水性刷り  油性刷り

彫刻刀で彫り出来た凸部に、墨汁や水性絵具、糊等をのせ、バレンで紙に刷りとる技法です。木版画のなかでも最もポピュラーなやり方です。

彫刻刀で彫り出来た凸部に、水性絵具ではなく、油性インクやリトグラフ用のインクなどをのせ、プレス機で刷ります。欧州ではポピュラーな技法です。
 木口木版  (こぐちもくはん)

通常の木版は板目木版(木を縦に挽いた板)を使いますが木口木版は木を横に輪切りにして作った固い版を使います。
一般的には彫刻刀ではなくビュランという銅版画用の工具を使って彫ります。木口の版は固いので細かい線が表現できるのが特徴です。
 その他の凸版
 リノカット  拓刷り(乾式・湿式)

建築材料に使用されるリノリウム版を彫って版を作る技法です。木材に比べ柔らかいためどの方向にも制約なく彫ることが可能です。また木版よりも安価なので比較的大きなサイズも手に入れやすいと思われます。

木材や金属の文様に描画材を直接押し付け、文様を写し取ります。10円玉などの硬貨の上に紙を置き鉛筆で上からなぞるあれのことです。

乾式(フロッタージュ)

乾いた紙に上に書いたような方法で文様を写し取ります。パステル、クレヨン、コンテ、鉛筆など様々なもので写し取ることが可能です。

湿式

湿式は湿らせた紙を文様に密着させて凸部のみにタンポ等で墨やインクを直接当て文様を写し取る方法です。紙は湿らせて密着させるためなるべく薄いものが最適です。
 コラグラフ

これも私たちに馴染みの深い版画の1つです。小学校で行う紙版画がこれにあたります。
台紙の紙に紙、紐、はっぱなど厚みのある物を貼り付け、筆やローラーなどでインクを載せた後にバレンやプレス機などで刷り取ります。
 芋版  消しゴム版画

サツマイモやジャガイモなどを掘って、彫ります。
年賀状のワンポイントなどに良いと思われます。

ナンシー関さんでお馴染みの消しゴム版画です。

ページトップへ
版画>>版画の種類>>平版
 平版   planographic printing
・リトグラフ ・オフセット ・コロタイプなど

現代でも用いられてるオフセット印刷は18世紀末にドイツのゼネフェルダーによって開発されたリトグラフを基にして発展させたものです。

水と油の反発作用を利用し、平面の油の部分にインクを付着させ、プレス機などで紙に刷りとる方法です。
 リトグラフ  lithograph

1798年にドイツのゼネフェルダーによって発明された水と油の反発作用を応用した印刷方法です。まず保水性のある版面を作っておき、その版面に油脂を用いて水をはじく部分(親油性)と水の保たれる部分(親水性)を化学変化によって作り出します。そして水と油の反発作用を利用して、水をはじく部分にだけインクをつけて、プレス機によって紙に刷り取る技法です。
 石版リトグラフ  アルミ版リトグラフ

ドイツのゾルンフォーフェン地方で採掘される炭酸カルシウムが主成分の天然石を研磨し、版として使います。石版リトグラフによって出来た作品は、研磨された版面の砂目が大変美しく見て取ることが出来ます。

研磨したアルミを版として使います。石版より安価なため、大型の作品などに向きます。現在はこちらが主流になりつつあります。また感光して製版を行うPS版もあります。
 木版リトグラフ  ウォーターレスリトグラフ

多摩美大で開発された木版によるリトグラフです。化学処理された木版を使い、専用の用具で描画します。彫る事も出来、凸版と平版の中間という感じです。

1960年に開発された新らしい技法です。シリコンを使い非描画部分をマスキングして製版を行う、水を使用しないリトグラフです。
 その他の平版
 オフセット  offset  コロタイプ  collotype

亜鉛版、アルミ版などに製版したものを一度ゴム版に転写、製版しそのゴム版をインクをのせ、紙に転がして刷る方法です。現在の印刷物の多くはこの方法で作られています。

ゼラチンと重クローム酸カリの混合液を(感光液)をガラス版に塗布し、ネガなどをガラス版に焼き付け印刷する技法。ゼラチンと重クーロム酸カリの混合液は光にあたると水に対して不溶性になることを利用したガラス製版です。大量印刷には向いていません。1870年頃ドイツで発明されました。
ページトップへ
版画>>版画の種類>>凹版
 凹版   intaglio printing
銅板画・・・ドライポイント、メゾチント、アクアチントなど

15世紀初頭ヨーロッパで開発された技術で、たくさんの技法を生み出しました。銅板画に用いられます。

版面に凹刻をつけ、その凹刻部にインクを詰めます。プレス機等で圧をかけて、凹部のインクを紙に刷りとる技法です。。
 銅板画     etching
エッチングは15世紀にヨーロッパで誕生し、今日まで数多くの技法が発明されました。
それらの技法を大きく分けると、2つに分けることが出来ます。
エングレーヴィング、ドライポイントに代表される直接版に道具で加工し
凹版をつくる直接法(直刻法)とエッチングやアクアチントなど、酸で腐食して版をつくる
間接法(腐食法)があります。
 直接法(直刻法)
 エングレーヴィング  engraving  ドライポイント  drypoint

最も古くからある技法で、ビュランという銅版画用の工具を使い、版面に直接彫っていく方法です。彫られた線はとてもシャープな線が出ます。

鋼鉄製のニードルやダイヤモンドポイントという道具など で版面に直接描画します。彫られた線は暖かみのある線になります。
 メゾチント  mezzotint 

ベルソーという道具で版面全体に小さなささくれのような凹凸面を作った後、スクレーパーとバニッシャーという道具で版面を整えて、版を作ります。グラデーションのような効果が期待でき、写真のような細かい表現が出来るため、過去には肖像版画に多く用いられました。
 間接法(腐食法)
 エッチング  etching  アクアチント  aquatint
正確にはハードグランド・エッチングと呼び、銅板画の中でも最もポピュラーな技法です。版面全体をグランドという防触剤で覆い、ニードルでそのグランドを引っかくように描画し、銅板部を露出させます。これを腐食液(酸)に浸すとニードルで引っかいた部分だけ腐食され凹版が出来あがります。
18世紀中ごろに発明された技法で、版面に松脂の粉を振り掛け、版の下から熱を加え版面に松脂を定着させる。腐食された版は線や点で表現されるハ−ドグランド・エッチングとは違い、面で濃淡を表現することが出来ます。
 ソフトグランド・エッチング    リフトグランド・エッチング  

ハ−ドグランドより油分多いソフトグランドを使い版面を覆います。グランドの上に木の葉や鳥の羽など押し付け、テクスチャアを転写したり、紙を載せて鉛筆などで描画した後、腐食します。やわらかな調子を得たいときに使用します。

砂糖の飽和溶液のなかにアラビアゴムを加え版面に筆などで描画します。その上からハードグランドをひき、乾いたら版をお湯の中に浸します。お湯に浸すことにより飽和砂糖液が膨張し、グランドを持ち上げ金属面を露出させます。腐食液に入れ腐食させます。
 ディープ・エッチング  deep etching

一版で多色刷りを刷るときなどによく使用する技法です。腐食したいところ以外に防触剤の黒ニスを筆で塗り長めに腐食させます。この工程を繰り返し行い版面に腐食の段差をつけます。一版多色刷りのヘイター法があります。

ページトップへ
版画>>版画の種類>>孔版
 孔版  stencil printing
シルクスクリーン ステンシル 謄写版など

このなかでは一番歴史の浅い技法です。年賀状などで使うプリントゴッコも孔版に属します。

版の切り穴部分(孔部)にローラー、スキージーなどの圧で絵具、インクを通して紙に刷り込む方法です。
 主な孔版
 シルクスクリーン  silkscreen

枠にシルク(絹)のスクリーンを貼り、インクの通したくない部分だけにかわや紙などで目をつぶして製版します。またスクリーンに乳剤を塗り,感光機写真製版するやり方もあります。

 ステンシル  stencil

耐久性の高い紙やプラスチックを版として使います。絵の部分だけ切り抜き、上から刷毛などでインクを刷りこみます。合羽版とも呼ばれます。
 謄写版  mimeograph

蝋がひかれた原紙を版とし、鉄筆などで蝋を落とし、その部分からインクを滲ませて印刷する方法です。薬品などで蝋を落とすやり方もあります。
ページトップへ


  版画の構造・歴史・現在   版画の種類について
  主な版種  木版画   リトグラフ   銅版画   シルクスクリーン
  オリジナル版画の定義   サインについて   新しい技法について
  版画用紙   サイズなど   版画いろいろ 

  INFOMATION -版画魂CONTENTS

消しゴム版画・消しゴムはんこ

INFOMATION | WHAT'S HANGA | GALLERY |
EXHIBITION | BOOKS | PAPER | PROFILE|
CONCEPT | LINK |
GUEST BOOK | CONTACT&FAQ |



版画魂