Whats版画 版画 版画の種類 木版画 リトグラフ 版画用紙 版画いろいろ

版画魂INFOMATION>>版画
フレーム付きのページへはこちらからどうぞ。
What's版画

みなさんは版画と聞いて何を思い浮かべますか?

大部分の人が木を彫ってバレンで刷る版画を想像したと思います。
…でも版画には他のもいくつかの種類があるのです。
版画はかつて大量に複製を作るための道具のひとつであるという見方をされていた時代もありました。
写真が発明される以前の時代では版画の複数性というものが美術分野に限ることなく社会、
文化など多数の分野で版画というものが活用されていました。

これから版画を始めたい方も、今まで版画のことを知らなかった方も
版画のまだ知られていないたくさんの魅力を発見して頂きたいと思います。

そんなわけで、ここではもっともっと版画について知ってもらうために版画を少し詳しく説明したいとます。

 版画ってなに?



版画とは版を介した絵画表現、またはデジタル版を使用した表現を版画と呼びます。

版画は制作した版にインク、絵の具等を使用しの転写・透写等によって絵画を製作する技法です。
また版画は、油絵、日本画とは違い複数の作品を造ることが出来ます。


版画は数多くの種類があるため、版の形状から凸版画凹版画平版画孔版画の4つに分類することができます。

>>版画の種類
東洲斎写楽
『市川鰕蔵の竹村定之進』

 版画の構造

版画は複数の版からひとつの作品に成りたっている場合が多い。右の図の、青い1、黄色の2、赤の3はそれぞれ別々の版を示しています。

この別々の版が一つの支持体(版画用紙)に刷る事により
一つの版画作品が完成します。

右の図でも解る通り、版画は色の数によってその分だけの版が必要とされます。
右上の写楽の版画も、それぞれオレンジ、灰色、黒、赤、銀、クリーム色等の別々の版が彫られ、それを決められた順番に刷る事により一つの作品が出来上がってます。

ただ、白色だけは版画用紙の白色が用いられることが多く例外です。

 版画の歴史


版画の歴史はそもそも印刷の歴史、宗教の布教と密接な関係がありあました。7世紀頃から中国を初めとした東アジアでは経文などを印刷する手段として木版画(仏教版画)が用いられたと言われています。(日本では8世紀頃)

西欧では14世紀の後半に木版画が登場、1450年頃にはグーテンベルグにより活版印刷が発明され、西欧の印刷術が急速に発展することとなりました。
ほぼ時を同じくして銅版画(エングレーヴィング)が登場し多くの画家たちが版画製作に取り組むこととなってゆきます。

1500年初頭にはエッチング技法が確立されたこともあり、描画の自由度が高いことと複数性が高いことから、版画は美術としての道を歩むこととなったのです。
1778年にドイツでゼネフェルダーによって発明されたリトグラフは平版印刷としてオフセット印刷などへの発展を遂げると同時に美術製作としても普及されて現代に至っています。

また1907年にはイギリスでスクリーンプリント(ステンシル)が確立され、アメリカに渡り商業的な発展を遂げることになりました。1960年代に訪れたポップアート運動ではアンディ・ウォーホルなどがシルクスクリーンによる作品を制作しています。


日本の版画では江戸時代、墨色一色の墨刷絵から始まった浮世絵が隆盛となり、18世紀中盤には皆さんのよく知っている多色刷りの錦絵が完成することとなり次第に浮世絵は錦絵に替わってゆきました。
この頃の版画は完全分業制であり、絵師、彫り師、刷り師が別の人間が担当していましたが、1900年初頭になると山本鼎らが完全分業制だったものを個人一人で作品制作するようになり、この頃から個人としての創作表現が始まりました。
デューラー
『騎士と死と悪魔』
(1513)

 版画の現在


現在、版画の解釈、技法は広がりを見せています。
日々新たなる技法が開発され、独自の技法で創作表現する作家も大変多くなってきています。
またデジタル技術が発達したことにより、ピエゾグラフ、ジグレー、ダイヤモンドスクリーニングといったデジタル技法や多種多様な制作方法が生まれています。

このように技法の多様化、制作の簡素化が行われたことにより、様々な分野の作家が版画を製作することも多くなっており、版画そのものの捕らえ方考え方も徐々に変化してきているようです。

今改めて、もう一度版画とはどういうものかを見つめなおす必要がありそうです。

葛飾 北斎
『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』
(1513)


  版画の構造・歴史・現在   版画の種類について
  主な版種  木版画   リトグラフ   銅版画   シルクスクリーン
  オリジナル版画の定義   サインについて   新しい技法について
  版画用紙   サイズなど   版画いろいろ 

  INFOMATION -版画魂CONTENTS
参考サイト


西洋古典版画
http://www.print-collection.info/

ギャラリーダッドアート
http://www.ddart.co.jp/

浮世絵 木版画 摺師 中條甲子雄
http://www.hanga.jp/

アートギャラリーミューズ
http://www.agmuse.co.jp/index.html

エプソン・ピエゾグラフ
http://www.piezograph-lab.jp/

消しゴム版画・消しゴムはんこ

INFOMATION | WHAT'S HANGA | GALLERY |
EXHIBITION | BOOKS | PAPER | PROFILE|
CONCEPT | LINK |
GUEST BOOK | CONTACT&FAQ |

版画魂